様々な儀式を営みます

手順を把握しよう

式場

故人のために葬儀を行う際には、いくつかの儀式を挙げなければなりません。どれも故人を見送るためには大切な儀式のため事前に把握しておきましょう。大東市の葬儀社ではこれらの一つ一つを親切に相談に乗ってくれます。初めに行う儀式は納棺の儀式です。病院から配送されたご遺体は自宅の仏間に安置された後、香炉や燭台などを並べる枕飾りを供えます。その後、身内の者が集まったら棺に納めます。通夜の時期が数日後になる場合には通夜を行う少し前に納棺の儀式を行います。その後、行う通夜は遺族や近親者が故人と最後の別れをする儀式です。基本的には親族のみで行われ、僧侶の読経をはじめ数時間程度で終える半通夜が一般的になっています。そして続く告別式では、故人と親しかった者が集まり、最後の別れをする儀式です。喪主をはじめ、遺族は参列者へもてなしの料理をふるまいます。大東市の葬儀社では返礼品や挨拶状など、参列者のために用意しなければならないものを丁寧に教えてくれるので安心です。出棺は喪主が位牌を持って先頭へ立ち、火葬場へ棺を運び出す儀式です。火葬場へ到着したら納めの式を行い、火葬には1時間ほどの時間が掛かります。骨壺に収まると、初七日法要を営みます。本来ならば亡くなってから7日目に行いますが、最近では葬儀当日に済ませてしまうことが多くなっています。大東市の葬儀社へはその後四十九日法要を開催するために再度儀式を行う用意をお願いします。故人の魂が安らかに眠るためにも大東市の葬儀社へ相談しながら、これらの儀式をしっかり行いましょう。

落ち着いた雰囲気で

ロウソク

葬儀に参列する際は、恰好やメイクは喪に服す事が基本です。服装は、男性は黒のスーツに白のワイシャツ、女性の場合は黒のスーツかワンピースを着用します。ネクタイや靴下、ストッキングなども、黒で無地のものを選択します。アクセサリーについては、結婚指輪と一連の真珠のネックレス以外は外します。髪型については、男性の場合、派手な髪色や長髪、過度な整髪料は、出来る限り避けます。女性の場合も、派手な色は避け、髪の長さはお焼香の邪魔にならないよう髪留めなどで調整します。髪色については、仕事の都合などで抑える事が出来ない方もおられますので、その時は、黒染めのスプレーを利用がおすすめです。メイクについては、ナチュラルメイクが基本です。アイシャドーやチーク、派手な口紅、グロスなどは使用しないでおきましょう。派手な爪のマニキュアや付け爪なども、外します。どうしても外せない場合は、黒の手袋などを着用します。遠方から大東市の葬儀に参列される場合や、大東市在住の方で急な参列が必要になった場合、大型ショッピングモールの利用がおすすめです。大東市内の専門店を一つ一つ探さなくても、葬儀の参列に困らない程度の服装や小物、メイク、髪型などの調整が出来ます。様々な事情で、恰好やメイクにこだわりたいという場合でも、大東市には大型の紳士服店や評判の良い美容室などが充実しているので安心です。葬儀参列時の服装やメイクのマナーに注意し、故人をきちんとお見送り出来るようにしましょう。

葬式で気を付けたいこと

葬儀

葬式は宗教的な儀式ですから、それぞれの思想に従ったルールがあります。そのため、葬式を行う側と参列する側は、それぞれのルールを守ることが大切です。仏教の葬式を行う時は、友引の日は避けるというのがルールです。友引は、友を死に引っ張るといわれており、お葬式を行ってはいけないといわれています。そのため、友引の日を休日にしている大東市の葬儀社もあります。ただし、通夜は友引の日に行っても差支えないといわれていますので、大東市の葬儀社に相談してみましょう。葬式を行う場所は、大東市の葬儀社の斎場を借りるのが一般的です。しかし、必ず斎場で行う必要はなく、自宅、先祖代々の菩提寺、市区町村の公民館で行うことができます。自宅で行う時は、お線香の煙、読経の声などが外に漏れないように気を付ける必要があります。お線香の煙やにおい、読経が近所迷惑になり苦情がでる場合があるからです。特に、マンションなどの集合住宅で行うときは、この点に十分配慮して行いましょう。自宅やマンションが難しい場合は、地域の集会所、市区町村の公民館を借りるという方法もあります。この場合は、事前に窓口の相談して許可を貰うようにしましょう。先祖代々の菩提寺がある場合は、お寺に連絡して相談すると良いでしょう。大東市の葬式に参列する場合は、服装や香典に注意が向けられがちです。しかし、その他にも気を付けたいことがいくつかあります。それは、香水や整髪料の香り、携帯電話の着信音、腕時計のアラーム音などです。強い香りがする香水や整髪料は使用を避け、携帯電話はマナーモードにしておきましょう。葬儀中の腕時計のアラーム音は、葬儀の雰囲気を壊してしまう場合があるため注意が必要です。

専門サービスによるお葬式

葬儀会場

お葬式を依頼する葬祭業者を選ぶには、葬儀プランに含まれる内容が1つの基準です。大東市の葬祭業者では、遺体の安置に関するサービスもプランに組み込んでいます。サービスの範囲は、特に確認しておきたい点です。

もっと読む

今からいろいろ考える

葬式

大東市の葬儀はさまざまな種類から予算やライフスタイル、故人の意向に合わせて選ぶことができます。家族葬は今もっともポピュラーな葬儀方法です。通常通りのセレモニーを近親者だけで執り行うことが可能です。他にも通夜を行わない1日プランや、火葬のみのプランなどもあります。

もっと読む

様々な儀式を営みます

式場

大東市では葬儀に必要なさまざまな儀式をサポートしてくれます。その手順や内容を事前に把握することで、慌てずに葬儀を執り行うことができます。葬儀が終わった後にも故人の魂が安らかに眠るよう、四十九日法要を行うとよいでしょう。

もっと読む